スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一年を振り返る・その1

とうとう2010年の終わりも見えてまいりました。
せっかくなのでこの一年を振り返ってみようかと思います。

この一年は結局大暴れしてしまったことが多く、
そこら辺を何とかしないと来年もっとがんばるなんてこと出来ないなあと、ただただ反省する次第です。
同時に、今年は終盤になって、色々できそうな事を見つけることが出来たので、作曲へのモチベーションが上がってきております。来年、もっといろんな音楽を皆さんに届けられたらなあと思います。


さて今回は、私の今年頒布したアルバムを振り返ってみようかナーと思います。

「Telepathy」
【KarenT様経由でのiTunes配信中】
CD:1000円 配信:600円
KarenT(カレント):音楽詳細 : 『Telepathy / Ohnuma』
「Telepathy」特設サイト

初のコンセプトアルバムにして、それまで自分が作ってきたボーカロイド・アンビエント音楽のある意味象徴とも言えるアルバムです。

最初にボーカロイドに興味を持ち、初音ミクの体験版を家のPCにインストールした時に、真っ先に作ったのは「flowing」と言う楽曲でした。
これは当初エディタをいじっていたときに、「これは素人の技術じゃすごい歌唱力を持たせるのは難しいな…」と、その頃はまだ作曲を始めて2ヶ月ほどの自分が(´・ω・`)ショボーンとしていた時に、

「じゃあ歌詞無しでコーラスみたいに使えばいいじゃないか!!」

という謎のひらめきから生まれたものです。
ミクの長く伸ばした声にダブディレイやリバーブを深めにかけると、とてもいい感じの声素材になりました。
なのでそこから自分は、初音ミクを使って作った音素材を非常に好み、そしてそれを使ってアンビエントチックな音楽を作るようになりました。

その路線で進んでいったら、こんなアルバムが出来たのです。
1曲目のみインストなのですが、「この曲はこのアルバムには不可欠だ!」と思って収録しました。
ミクの声を使っているのは2・3・4曲目で、4曲目は1~3曲目を加工してごちゃ混ぜにし、それに新たな音を足した楽曲になっています。

正直これは当時のKarenTさんから配信されていたラインナップからしてもあまりに異質な楽曲集であり、「これで配信OKもらえるんだろうか」とビクビクしておりましたが、先方から快諾していただき、配信することができました。
「ボーカロイドを使って、こういう音楽やるのもアリなんだぜ!!」って思いが少しでも伝わってくれれば嬉しいです。

このアルバムの楽曲において、初音ミクの歌声と言うのは楽器と同じような、楽曲の中の一つのパーツであり、不可欠なものとなっています。
こういう、ボーカロイド音楽のメインストリームから大きく外れたアルバムを配信させてくださったクリプトン様と、アルバム制作に協力してくださったdollさん、久住さん、江頼さんはじめすべての方々に、今一度感謝いたします。本当にありがとうございます。

そして、このアルバムの路線とはまた別の曲調でもいろいろと曲を作っているのですが、それについては眠くなってきたのでまた次回と言うことでお願いいたします。

スポンサーサイト

【追記1】【お知らせ】労働ランナー 労働ファイターズ 労働ブラスター

いやーなかなかにきつい労働でしたどうも大福です。

お知らせです。

とあるコンピに参加させていただくことになりました。
既に楽曲を納品したので、後はコンピの発表を待つだけとなります。
時期が来たらまたここでお知らせしますので、よろしくお願いいたします。


いろいろとこのブログに書いたことが広がっているようです。
いろいろな議論が起こることはとてもいいことだと思います。
自分は少し長い時間軸で、その議論がどうなるかを見ていたり、またそこに入ったりしていってみたいと思います。

【追記】
ニコニコのn次創作についてですが、
JASRAC登録曲のアレンジ等は、「CD等に入っている元の音源」を使っていなければニコニコ上では自由にしていいように、ニコニコ動画とJASRACが契約を結んでおります。
そのため、オケを自作したボカロもしくは歌い手さんのJASRAC登録曲カバーは自由に行える事になっております。
私が今回ブログで書いてきたことは、JASRAC登録曲のそれとは違う話になっております(多分分かってもらえるとは思いますが)。
ボカロ曲であってもJASRAC登録曲であるなら、別にそれをどういう形にアレンジしていようと原作者が苦言を呈する事は出来ても権利者削除とかは逆にしづらいことになります。
ですので、JASRAC登録曲であるなら、元の人に許可を取る必要もなく、またどのようなアレンジであっても契約上認められている事なので、それに関して私がぎゃーぎゃー文句を言う事は特に無いわけです。
ですので、JASRAC登録曲の歌ってみたやカバー、アレンジ等は自分は特にコメントすることは無いと思っておりますし、契約で認められていることなので自由にやっていればいいとも思っております。
今回私が話したかったのは、JASRACに登録されていない(つまり一切の権利が原作者のみにあり、特に信託しているわけでもない)場合の楽曲などに対する事であります。誤解された方は申し訳ありません。

【追記1】前回の日記についての補足・お詫び・コメント返信など

前提として。
このブログは、自分の個人としての考えを書いたりする場所であります。


ゲーセンから帰ったらコメントがとんでもない事になっててちょっとびっくりの大福でございます。

さてさて、今日のブログはかなりいろんなところに広がっているようですね。
賛否両論あることはいいことだと思います。

それでですね、まず最初にお詫びしなければならない事があります。
前回の日記で、

『しかもそれも、ちゃんとした歌唱力で歌っているならまだしも、明らかに音痴だったり、曲を殺すようなアレンジをしたり、そんな歌声にまで感謝しろと言われても困る話です。
むしろ「消せ」と言いたいぐらいのところを抑えることもあることです。』

という書き込みをしております。
これに関して、「音痴であること」と「曲を殺すアレンジをしたこと」を同列に扱ってしまった事に関して、お詫びいたします。申し訳ありませんでした。
音程が外れている、というのは、生ボーカルにはありがちなことです。そして人によっては、かなり音程が外れてしまう事もありえます。そういった不可抗力(もちろん、何度も歌唱の練習をしたりする事で改善する事もあるとは思いますが)に近い事と、意図的にアレンジをすることを同列に扱ってはいけない事です。
また、この書き方では本来曲を殺すアレンジに対しての言葉である「消せ」というのが、音痴であることに対してもかぶってしまいます。
本当に申し訳ありませんでした。

さて、前回の日記を見た皆さんは私のことを「歌ってみた嫌いなP」だと思っていることでしょう。
しかし、歌ってみたのMixを担当したり、歌い手さんとラジオに出させていただいたり、そもそも相互フォローしてる歌い手さんもいらっしゃいます。
私は歌ってみたを全力で嫌っているわけではないんです。
そもそも前回の日記には、

『私の別名義でアップしている曲に歌ってみたが結構前に出てるから、こういうこともいえるのかもしれないけどねwww』

と書いてあります。
本当に歌ってみたが嫌いなら、そもそも別名義であっても許可なんかしないでしょう。

よく読んでもらえば分かる事だとは思いますが、私が今回問題だと言ったのは「ミリしら」「アナザー」「敬意無き歌ってみた」のことなんですよね。
ボカロ曲を歌ってみたそのものがハイエナに近い、とは書きましたが、結論としては

『Pがプロデュースしているわけでもなく、歌い手単体で、乱雑に伸びてる曲ばかり歌ったものをCDにして、イベントで売ってるような人たちは、私にはハイエナにしか見えません。』

ということです。
そもそも、歌ってみたに本来ジャンル分けなど必要ないはずなんですよ。
「ボカロ曲を歌ってみた」も「非ボカロ曲を歌ってみた」も、本来区別する必要が無いのですが、どうも前者にしたほうがヒット数が上がるそうで、区分けしてしまうんですね。

で、いろいろとコメントをいただきましたが、冷静に文章を読んでくださっていない方も見受けられます。
ここでいくつか、いわゆる「意見、反論」だったり「おおむね同意だけどここらへんは同意しかねる」的なコメントにお返事を書かせていただきます。
数が多いので「いらっしゃいませ、初めまして。コメントありがとうございます」のやり取りに関しては省略させていただきます。ご了承ください。


>>「歌ってみたをする奴なんて、小遣い稼ぎしたいハイエナだ」
>>
>>アホかと。

省略してはいけない部分を省略してはいけないと思います。

>>そういう人もいるのかもしれませんが
>>そういう人ばっかじゃないんだと思いますよ
>>歌うことが好きで歌ってみたとかやっている人もいるわけで……
>>あまりこういうことを言い切って書くのもどうかと……

申し訳ありません。今回の日記でその辺りのフォローをさせていただきました。

>>正直あなたはニコニコを美化しすぎだと思うよ
>>ニコニコ自体余所からのパクリの集合体なのに

自分の好きな場所を自分で汚したいとは思いませんので。

>>そう思う人もいると思います。
>>私だってですが、歌い手さん活動はとってもいいと思います。
>>それをきっかけに自分の夢に近づこうとしてる人だっているんだし
>>そこまで言う事はないと思います。
>>確かにこうやって文にされると歌い手さんにも悪い所はあると思うから
>>そこまで否定はできないけど
>>こうやって文を打っても何一つかわるわけじゃあないんだし
>>逆に怒る人だってでてきますよ??
>>なんでわざわざ打つのかわかりません。
>>すべてがすべて悪いみたいな言い方許したくはありませんね。

あなたが自分の意見をここに書き込んだ、つまり一つ変わった事があったんです。
また、私の意見に対して怒る方が出てくるのは当然のことと思っております。

>>ただ、「アナザー」については疑問を感じました。あなたの文章を読んでいると、「アレンジ」が原曲を台無しにするものである、というような印象を受けます。
>>他のボーカロイドにしたり、オケを自分なりにアレンジしたりする行為には触れていませんが、それについてはどうお考えなのでしょうか?これも「問題である」という思いなのでしたら、あなたの考えとして受け入れることができます。しかし、「歌い手だからダメ」というのであれば、それはただの偏見ではないでしょうか。
>>最近の歌い手や、そのファンは確かに行き過ぎな面があると思います。ですが、「歌い手」の中にもマナーの良い方はたくさんいらっしゃいますし、歌い手から原曲を知る人が多いのも事実じゃないでしょうか。
>>このような「歌い手」をただ全面的に否定するような文章では、ただのあなたの愚痴にしか聞こえません。ただの愚痴のつもりならどうも失礼致しました。
>>乱文・長文すみません。

意見ありがとうございます。この件に関しても今回の日記でフォローさせていただいております。

これ以降、今回の日記でフォローできている件についてはお返事を省略いたします。ご了承ください。

>>不思議なんですが、例えばマッシュアップ等だって、原曲を潰しているわけですよね。
>>そういうのは認めて、歌ってみたは駄目なんですか?

マッシュアップは、権利者からNGが出たらすぐに引き下がる事を覚悟した上で発表します。
権利者からNGが出たら言われた人も界隈の外野も揃って大騒ぎする世界とは別問題だと思います。

>>まとめ
>>ボカロ作曲者は権利者だ。
>>歌い手は皆ハイエナだ。
>>音痴は動画を消せ。
>>「俺のボカロが有名になったら、それを歌った歌い手は権利者権限で全削除する(キリッ」

こういうのを週刊誌風省略と言います。

>>同意できる点は多々あるが何故あなたが当事者同士の問題にまで言及してるのかが分からない
>>あなたはボカロPの代弁者か何かなのですか?

ここは自分の意見を述べているだけの場所です。

>>あなたと同じ考えのボカロPばかりではない、ということをまず理解した方がいいですよ。
>>あなたと同じように歌ってみたを嫌いなボカロPも確かにいます。
>>しかし、歌ってみたもネタも色々な派生を楽しんでいるボカロPもいます。
>>歌われるのが嫌なら“自分の曲に関して”歌われないように措置を取るなり削除なりすればいいと思います。当然その権利はあります。自分の曲に関してだけは。
>>しかし、他人の曲に関してまで歌われてるのが許せないだのこういう使われ方が許せないだのあなたが言う権利はありません。それを許すも許さないもその曲の作者の自由です。
>>歌い手よりもあなたの方が作者の意向を無視していますよね?
>>あと、CDに関しては作者が許可して収録されています。売上は歌い手だけでなくボカロPにも渡ります。それを踏まえてボカロPが使用を許可しているのに、他人が口を出すのは余計なお世話でしかありませんよ。
>>あなたが口出しする権利があるのは自分の曲に関してだけです。
>>同じボカロPの立場であろうが、他人の曲は他人の曲です。同じような考えのボカロPばかりではないことを理解してください。

ぼやく権利ぐらいは誰にだってありますよ。
ただ、その結果発生した事態に対してこうやって向き合おうとするかどうかが別なだけでして。

>>前文に同意
>>するわけないだろ
>>お前は何様だ素人の歌に何プロ並の実力もとめてんだよ
>>まず自分がプロ並みの音楽作ってから出直して来い
>>あいつらは歌ってみたいから歌ってるだけだ
>>歌い手だって曲対してリスペクトしてるよ一部の歌い手その信者見ただけでその界隈をダメだって言うのはおかしい、この発言でボカロ界隈もダメだって言われたら困るのでPやめてくださいお願いします。あとお前みたいな人を下で見てる奴は一生かかっても売れないよ

日本語でおk

>>大福Pと名乗ってた時の曲まったく伸びない他人の曲リミックスした曲伸びる・・・・才能ないのでは?みじめだから音楽やめたら

私は自分の音楽をやっていくだけですので、伸びなくても続けます。

>>様々な意見が書き込まれているようですが、一つ一つのコメントにきちんと返信して下さることを期待しています。
>>まさか言いたいことだけ言い捨ててそれに対する意見は無視、なんてことはしませんよね?

返事の内容が被っている件に関しては省略させていただいています。申し訳ありません。


とりあえずここまで返事を書きました。
これ以降の返事も書くつもりでおりますが、内容が被っているものに関しては省略させていただきます。


自分自身としては、今回こうして、いろんな方が意見を出したことそのものに大きな意味があると思っています。
それでは。


【追記】
今回の自分の発言はあくまで自分の個人としての意見であり、他のPの中には自分と違う考えを持っている方もたくさんいると言う事を重ねて申し上げます。

年の瀬・歌い手・ボカロ界隈・これからの活動

ついに今年も終わりです。

このたび、「ぷろとらどっとこむ」様の「P」に1曲提供させていただきました。
まーたアンビエントな曲になっておりまする。

で、今回はちょっとダークな話。


「歌い手」って皆さん知ってますか?
いわゆるニコニコ動画で「歌ってみた」をやってる人たちのことです。
彼らの中にはツイッターやブログ等をやってる人が結構な数居るわけですが、
なんとも悲しいのが、歌ってみた界隈からしょっちゅう炎上に結びつけかねないような火種が出てくること。
それがあまりにも多すぎる上に、見てる自分からしても腹立たしい事ばかりなのです。
彼らの言葉を借りれば、
「ボカロが栄えているのは歌ってみたのおかげ!もっと歌い手に感謝するべき!」
「ボカロ曲は人が歌って初めて完成すると思っている」
「ボカロPは歌い手のための曲の下請け工場」
「歌ってみた拒否るPとかいたら潰すから教えれ」
などなどということらしいんですよね。

アホかと。

作曲者から「お願いします」と頭を下げるのは、「歌ってもらう」場合です。
こちらが「この曲にはこの人の声が欲しい!」と思って、作曲者から依頼する場合です。
どっかの誰かが勝手に歌って、それが人気になったところで、「はあ、ありがとうございます」と棒読みで言うぐらいしかこっちにはできません。
しかもそれも、ちゃんとした歌唱力で歌っているならまだしも、明らかに音痴だったり、曲を殺すようなアレンジをしたり、そんな歌声にまで感謝しろと言われても困る話です。
むしろ「消せ」と言いたいぐらいのところを抑えることもあることです。

私の別名義でアップしている曲に歌ってみたが結構前に出てるから、こういうこともいえるのかもしれないけどねwww

で、最近「ミリしら」というのが一部で人気であります。
「1ミリも知らない~」みたいなのの略で、「曲を全く知らない」と言う設定で、カラオケに対して自作の歌詞とメロディをのっけて歌うわけです。
これ、どういうことかといいますと、
「俺の(アタクシの)歌詞やメロディのほうがセンスいいからwwwwwでも曲の知名度はもらっていきますねwwオケ作る暇も省けて最高www」
ってことですよ。
どっかの歌い手が「アナザー」とかつけた替え歌やってたときも思ったのですが、歌い手って実はボカロPに喧嘩売ってるんじゃないかと思うことが結構あります。
本当にいい歌詞だと思うなら、本当にいいメロディだと思うなら、それを大事にするはずなんです。
そういうことをせずに、曲名だけそのままに、歌詞やメロディをすっかり変えて、あたかも「俺もアーティスト!」みたいな顔でアップされると言うのは、作詞者・作曲者に対する一種の冒涜ではないでしょうか?
「アナザー」も「ミリしら」も、結局は「ハイエナシリーズ」とでも名付ければいいんですよ。
原詩・原曲を作った人たちの努力の結晶を、横からハイエナしていくんです。
大体「ボカロ曲を歌ってみた」という界隈そのものがハイエナに近い部分もあります。
有名歌い手の皆さんは大体、有名Pが曲を出したり急に伸びる曲があったりすると、その曲をこぞって歌います。
「感動したので」という免罪符を説明文に入れて、みんな揃って歌います。
ひどい人になると、毎回毎回説明文に「今回は感動して、○○を~」とかタイトルに「感動して」という言葉を入れたりします。
本当にそうなんでしょうか?
そんなに何十曲も、原曲が発表されてから結構早い段階で「感動して」、すぐに歌って、それが感動の表現でしょうか。
結局そういう人たちは、その後に自分の歌った楽曲をCDにして、お小遣い稼ぎをするわけなのですが、それも感動の表現の結果でしょうか?
Pがプロデュースしているわけでもなく、歌い手単体で、乱雑に伸びてる曲ばかり歌ったものをCDにして、イベントで売ってるような人たちは、私にはハイエナにしか見えません。

無論、そういう「歌ってみた」を許容しすぎたこのボカロ界隈にも多少の責任はあると思います。
ボカロから音楽活動をはじめた人も多く、そういう人たちは「他の人が歌ってくれた!」と手放しで喜んでしまう状況になる場合が多いからです。
それが結局ハイエナ行為の横行になる事も気づかずに…

さて、長々と書きましたが、私はこれからも音楽をやっていくつもりであります。
色々と参加している企画もありますので、発表できるときが来たら皆さんに発表したいです。
しかしあれですね、いつかは大福P名義で有名になるような曲を発表して、ハイエナが出たら即権利者削除とかしてみたいですね。ほんとに憧れですよ、そういうの。
ツイートボタン
プロフィール

Ohnuma

Author:Ohnuma
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。